新しい素材を使用

断熱の種類と特徴について

断熱は室内の暖かさを保つ上でとても重要です。これまでグラスウールが定番の素材となっていました。素材が同じものでも断熱の施工の仕方は各ハウスメーカーによって多種多様で暖かさも異なります。昔は年数が経つと断熱自体がずれおちてしまったりと効果の低下がみられることもありましたが、最近では効果が低下しないような工夫がされています。また、最近では泡断熱という素材も使われるようになってきています。以前までは、マンションやビルなどに使われていた泡断熱ですが最近では一戸建にも使用されるようになってきました。泡断熱は隙間を泡自体が膨らむことによって埋めるため隙間なく断熱材を吹き付けることができます。これにより高気密高断熱の効果が期待できます。

今後の技術の進歩について

今後もより技術が高くなっていくと考えられます。標準設備に高機能な素材を使用することが求められます。いい素材を使用する業者が多くなればなるほど他社も顧客獲得の競争となるため、価格はそれほど高くできません。現在はオプションとなっているものが標準設備となっていることは大いに考えられると思います。技術が高くなると基本的な価格上昇は避けられないかもしれません。それだけの価値がある断熱素材を使用することができれば暮らしも快適になるため、光熱費などが抑えられます。断熱材が高くなったとしても光熱費のマイナス分を考慮すると、結果的に費用自体は変わらない可能性もあります。今後、光熱費の削減が期待できる住みやすい住まいは定番となっていると思います。